Return to 園について

グリーンローズ保育園

グリーンローズ保育園は

 グリーンローズ保育園は、1967年(昭和42年)9月「ことば」の教室の併設によって開園した保育園で、従来、わが国の保育制度にはなかったナーセリースクール(ナーサリースクール:nursery school)の形態の中の保育部門です。

 ここでの保育の特徴は、「ことば」の教室やオリブ園との連携保育があげられます。
その対象児と母親を含めて、一般の乳幼児保育と同一環境の中での発達支援を試みています。

また、 保育園の保育対象が0歳児から2歳児までとしますのは、発足当時から幼稚園への「自然な統合保育」の試みの土台作りとしているためで、今日まで、その方針で実施してきております。

したがって、ナーセリースクール形態のグリーンローズ保育園は、一般保育の他に以下のような特徴を持っています。

グリーンローズ保育園と姉妹園と「こどもせかい」

  低年齢の時期から、部分的ですが様々な子どもと生活環境を共にしています。
発達支援センター・オリブ園、「ことば」の教室の子どもの早期からの一般保育への導入を、部分的にお母さんと一緒に行なっています。

  ルーテル愛児幼稚園との連携による0歳から6歳までの一貫した統合保育を、就学前教育として位置づけることができます。

今日の子どもたちの状況を考えますと、このナーセリースクール形態は、現代的で未来的な方向性を表わしていると言えます。

隣接しているルーテル愛児幼稚園年少組・オリブ園・「ことば」の教室との協同保育(ナーセリー協同)も年数回行なっており、このナーセリーに保育園の2歳児が参加しております。

グリーンローズ保育園に隣接しているルーテル愛児幼稚園、オリブ園・「ことば」の教室は、姉妹園として、9月は合同運動会、11月は合同バザーなどを行っています。

また、保育園では、年2回、嘱託医である綿貫桃代医師による小児科健診を行なっています(入園の時は入所時健診を受けて頂きます)。

Permanent link to this article: http://grhoiku.kodomo-sekai.jp/%e5%9c%92%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6/%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%ba%e4%bf%9d%e8%82%b2%e5%9c%92/